赤いラグ

部屋に合わせてラグを選びましょう

生活スタイルは人ぞれぞれです。季節が変わるごとに模様替えをする人もいますし、反対に模様替えはせずにずっと同じ部屋を保っていたいという人もいます。自分の生活に合わせてラグ選びをすると失敗が少ないでしょう。
では、具体的にどのようなラグがあるのか紹介します。季節ごとに部屋の模様替えがしたいという人は、夏用ラグと冬用ラグの2つを揃えることをおすすめします。夏用ラグには「涼しさ」を感じることができるものが良いでしょう。例えば、「い草ラグ」です。さらさらな肌触りで見た目も涼しさを感じられるものです。また、い草の爽やかな香りが部屋に広がります。座っても痛くないように、少し厚めのものを選ぶといいです。冬用ラグには「暖かさ」を感じられるものがいいですね。特にフローリングはつめたくなるので、ラグは必須アイテムです。そんな冬場のラグには、毛の多い「シャギータイプ」のラグがおすすめです。毛が多いためフローリングのつめたさを回避できます。また、見た目も暖かさを感じることができるものです。ただ、毛がおおいとダニがつくことがあるので、防ダニ効果があるものがおすすめです。
季節ごとに替える必要はないという人には、毛が短めのオールシーズン使えるラグがいいでしょう。色は、どの季節にも合うベージュ系がおすすめです。

インテリアだけではないラグ

皆さんはラグって使っていますか?ラグとは、床に敷く小さい絨毯や敷物のことを指すもので、様々な目的で使用されています。
例えばインテリアとして。デザインが非常に豊富で北欧風やナチュラル風のものなどがあり、お部屋のイメージに合わせた商品を選ぶことでお洒落にコーディネイトすることができます。これは絨毯のように部屋に一種類しか使えないものと違い、場所に合わせて複数準備できるため、自由度が高いところです。また、家具やキャスター付き椅子の下に敷くことで、床に傷や凹みができてしまうことを防ぐこともできます。これは特に賃貸物件で役立つポイントかと思います。退去するときに家具をどかしたら凹みができてしまっていて補修費用がかかった、なんてショックですよね。
その他にも、光熱費の節約という一面もあります。よく寒い日は底冷えするという表現がありますが、ラグをひいている部分はとても暖かくなるため、エアコンなどの暖房を節約することができますよ。私はラグを敷いてその上に座って作業をすることが多いのですが、床に直接座っていたころに比べで格段に暖かく感じて感動した記憶があります。
このようにラグはただのインテリアだけでなく、実用面でもメリットがたくさんあるので、是非ともお気に入りのラグを探してみてくださいね。

ラグのお手入れとメリット

ラグはリビング全体の雰囲気を作るほどイメージをがらりと変えますよね。そんなラグは家庭にひとつはあると思いますが、お手入れにメンテナンスのメリットなどご紹介します。
ひとつは天然素材のウール天然素材の中でも一番ポピュラーなのがウールで、特徴として柔らかく弾力性に優れていて保湿力が高いので夏涼しく、冬は暖かと言う長所がありラグにもってこいの素材です。さらにメンテナンス性に優れていて汚れが付きにくくて、尚且つ落としやすいという利点もあります。使い続けていて一番気になるのが、ホコリと思われている遊び毛と言われるもので、このお手入れに関しては日頃からの掃除機が重要になります。
次に合成繊維ではナイロンやポリエステルもあるのですがオススメしたいのはアクリルです。なんといってもメリットが沢山で、鮮明な色合いのものが多くて日光などによる色あせもしにくくどんなところにも気にせづに設置出来る事。摩擦にも強い素材なので子供が遊んでボロボロにもなりにくいし、カビや虫害も受けないのでペットもちの方にと良い素材です。こちらもウールと同様小まめに掃除機をかけることで遊び毛の解消にもなります。
お手入れに関して、週に2,3回は掃除機をかけることをお勧めします。飛び出している毛があれば無理に引っ張らずにハサミで整えるようにしましょう。


部屋のレイアウトをちょっとおしゃれにするアイテムとしてラグを活用してみませんか。ラグひとつで雰囲気というのは一気に変わりますので、試してみる価値はあるでしょう。機能性にも優れているので、ラグは使い勝手がよいので、ひとつ購入しておいてはいかがでしょうか

お気に入りのラグを長持ちさせるコツ

お部屋に敷くだけで雰囲気がガラッと変わるアイテム、ラグ。インテリアショップにはもちろん、ネット通販でも安くて可愛いデザインのものが手に入って嬉しいですよね。ところが、使い方次第ではラグの寿命を早めてしまうこともあるんです。一般に、ラグは大切に使っていれば10年は使い続けることが可能と言われています。ただ、直射日光のあたる所に長期間敷いていたり、汚れをそのまま放置していると、ラグ独特のふわふわ感が失われてしまいます。ラグの上に重いテーブルを載せているのも、寿命を早める原因です。あまり部屋の模様替えが好きでないという人は、敷きっぱなしのラグに負…

フローリングにはラグを敷いて快適な生活

畳やカーペット敷きの床が主流だった時代に比べて、現代はオシャレで清潔感のあるフローリングの人気が高まっています。そんなフローリングの床に欠かせない、さまざまな形や素材のラグも次々に登場しています。ラグは「お部屋の印象を変えるオシャレなインテリア」というだけでなく「ラグを敷くことによるメリット」がたくさんあります。気になる足音などの「生活音を軽減する役割」もその一つです。特にマンションや集合住宅で生活する人の多い現代では深刻な問題の騒音ですが、物音が響きやすいフローリングでもラグを敷くだけで音を吸収する効果があり、大きく緩和されます。…

ニュース一覧

NEW2017年04月06日
ラグ使用体験談を追加しました。
NEW2017年04月06日
ラグは冬場は大変ですを追加しました。
NEW2017年04月06日
フローリングにはラグを敷いて快適な生活を追加しました。
NEW2017年04月06日
お気に入りのラグを長持ちさせるコツを追加しました。

≫ 記事一覧へ

ラグは冬場は大変です

雪国に住んでいるので、冬場は床暖房を使用しています。そのため冬場は床暖房対応で、結構厚めの消音タイプのラグを使用しています。できればおしゃれなラグが欲しいとは思いますが、どうしても冬場は機能重視のため単一色のものをいつも購入しています。ホームセンターなどで購入するより、通販でいつも購入します。宅配してもらえて楽だからです。逆に夏は、サラサラした吸湿速乾タイプのラグを使用します。うちは、結構湿気があるので吸湿速乾が必須です。夏はすぐに洗濯ができるのでいいですが、冬の洗濯はとても大変です。8キロ対応の洗濯機を使用していますが、入り切らないためだいたいコ…

ラグ使用体験談

私も社宅で自分の部屋を持ったとき、ラグに憧れて購入したことがあります。当時10代だった私は、ブラックのちょっと毛長めのラグが欲しくて何店舗か探し回りました。高級家具店でやっと気に入るものを発見しました。ラグは高価なものだったと知り、それでも欲しくて奮発して購入した覚えがあります。ラグは敷くと高級感が出ます。手触りは最高に気持ちがいいです。そしてかなり保温性があり、寝転ぶと背中が温かくなってくるのが分かります。私は一面にラグを敷いたのでどこに座っても温かく、また家具で床を傷つける心配もありませんでした。ラグを敷くとホコリが舞いそうなイメージで…